MENU

女性用育毛剤に使われる育毛成分について解説

育毛剤 成分

女性用育毛剤選びで大切なポイントに、配合成分が挙げられます。

 

どのような成分が配合されているかで、その育毛剤で効果が期待できる人、できない人がわかってきます。

 

購入前に自分の薄毛にはどの育毛剤があっているのかを見極める大切なポイントとなるのでよくチェックしてみましょう。

 

育毛剤は薬事法に基づいて「有効成分」が記載されています。

 

有効成分は国によってその効果と安全性が認められた成分です。

 

有効成分の組み合わせ方、配合の仕方でどんな育毛剤かを読み取ることができるので、自分の理想とした育毛剤を見つけるヒントになります。

 

有効成分をみるときは種類をチェックしてみてください。

 

「乾燥」が原因なのに「血行促進」がメインの育毛剤を使用しても効果が得られにくい場合があります。

 

「乾燥気味」「ベタベタしている」「ふけ、痒み」があるなど自分の薄毛や抜け毛の原因や頭皮の症状に合わせて自分の頭皮にあった育毛剤を選ぶことが重要です。

 

また、以前育毛剤を使っていたけれどその育毛剤では効果が得られなかった場合は以前使用していた育毛剤と「違う有効成分」が入っているものを選ぶようにしてみてください。

 

同じ有効成分が配合されているものではまた効果が得られにくい可能性が高いからです。

有効成分解説

血行促進成分

頭皮の血行不良で薄毛や抜け毛に悩む女性は少なくありません。

 

頭皮をチェックしてみてください。何も問題がない頭皮は青白い色をしています。つまり頭皮が青白ければ血行の問題はありません。

 

ですが、頭皮が赤茶っぽい色をしている場合は血行不良になっている可能性が高まります。

 

血行不良の原因はストレスや喫煙、過度な飲酒、肩こり、首コリなど様々です。

 

血行不良だと髪の毛を作り出す毛乳頭に酸素と栄養素が行き届かず、髪の毛を作り出すことができなくなり、薄毛や抜け毛が発生します。

 

育毛剤には血行不良を改善する育毛成分もあるので頭皮の色が赤茶っぽい方はこちらの育毛成分をチェックしてみてください。

頭皮の血行を促進する成分一覧はこちら

毛母細胞活性化成分

毛母細胞とは毛乳頭から酸素と栄養素を受け取り細胞分裂を繰り返して髪の毛を作り出す細胞です。

 

「成長期」「退行期」「休止期」で細胞分裂を繰り返し、およそ40回~50回ほど分裂を繰り返すとその役目を終えます。

 

毛母細胞は紫外線や加齢、ホルモンによってダメージを受けますが、毛母細胞がダメージを受けると髪の毛が作れなくなり薄毛や抜け毛に直結します。

 

毛母細胞を活性化させる成分一覧はこちら

頭皮環境改善(保湿)成分

頭皮がベタベタしている、フケが出るといった状態は頭皮環境が荒れてる状態です。

 

特の女性の場合頭皮が乾燥しやすいです。洗浄力が強いシャンプーを使っていたり、ストレスやホルモンバランスによって頭皮の乾燥は引き起こされます。

 

頭皮環境改善(保湿)成分一覧はこちら

ホルモンバランス改善成分

女性は加齢によって女性ホルモンが減少し、相対的に男性ホルモンが増加することで薄毛や抜け毛が目立つようになります。

 

男性の薄毛の原因にジヒドロテストステロンの影響が挙げられますが、女性ホルモンが減少すると女性でもこのジヒドロテストステロンの影響を受けて薄毛が発生します。

 

最近は加齢以外にもストレスやそれ以外の原因で女性ホルモンのバランスが崩れる女性が増加しています。

 

ホルモンバランスが乱れちえる場合は女性ホルモンに似た成分が配合された女性用育毛剤を選択しましょう。

 

女性ホルモンバランスを改善する成分一覧はこちら