MENU

女性の薄毛の種類

女性にとって髪の毛は女性らしさと自信を満たしてくれる大切な存在です。ですが、ここ数年で薄毛に悩む女性が急増しています。

 

その背景には女性の社会進出など現代社会の事情が絡んでいるようです。

 

そんな女性の薄毛は全部で6つのタイプに分けられます。

 

どれも原因が異なり、それぞれの薄毛に対するアプローチ方法も異なってきます。

 

自分の薄毛が気になった時は正しい育毛剤を選ぶためにも、どの種類の薄毛なのかチェックしてみてくださいね。

びまん性脱毛症

女性の薄毛のほとんどがこのタイプです。髪の毛全体が薄くなり、分け目部分が透けて見えるようになるのが特徴です。

 

原因は加齢、ストレス、過度なダイエット、誤ったヘアケアなどです。

 

びまん性脱毛症の症状・対策はこちら

分娩後脱毛症

出産後、女性ホルモンの影響で脱毛が起こる現象を分娩後脱毛症といいます。

 

妊娠中にホルモンの影響で成長期に入っていた髪の毛が、出産後休止期に入ることで毛が一気に抜け落ちます。

 

分娩後脱毛症は一時的な現象で出産後1年~1年半ほどで元の毛髪量に戻ってきます。

 

一般的に一人目よりも二人目のほうが元に戻るまでに時間がかかり、中には元の毛髪量に戻らない方も。

 

今は産後脱毛用の女性育毛剤もあるので早めの対策が可能です。
産後抜け毛におすすめの女性用育毛剤ランキング

牽引性脱毛症

髪の毛を結ぶ時に頭皮の決まった部位に負担がかかるとその部位の髪の毛が抜け落ちてしまいます。

 

こどもの頃に毎日のようにポニーテールをしているとおでこの両生え際部分の髪の毛が薄くなり、大人になってもそのまま生えてこなくなる可能性があります。

円形脱毛症

自分の毛根を異種とみなし、リンパ級が毛根を攻撃して部分的な脱毛が起こる症状を指します。自己免疫疾患の一種です。

 

ストレスがかかると円形脱毛症になると言われていますが、科学的な根拠はありません。

円形脱毛症でも育毛剤は有効?

脂漏性脱毛症

皮脂が過剰分泌により、頭皮に炎症が起きて髪の毛が抜け落ちる脱毛症です。

 

頭皮環境の悪化が脱毛の原因なので脂質の少ない食生活を送り、今使っているシャンプーを見直し頭皮環境を改善させる必要があります。

ひこう性脱毛症

ホルモンバランスの影響で頭皮の常在菌が異常繁殖し、その結果フケが発生して毛穴を塞いで髪の毛が成長できなくなる脱毛症です。

 

多少のフケが発生している程度ならひこう性脱毛症とは限りません。ただし、普段よりもフケの発生が多い場合は注意深く経過を見る必要があります。