つむじ 薄い 女性

つむじが薄い女性の特徴

P

つむじ、頭頂部、分け目が薄くなる初見は女性の薄毛に最も多いFAGAの典型的な症状です。

 

FAGAは女性ホルモンの働きが男性ホルモンに負けることが原因で症状が出始めます。

 

女性ホルモンが男性ホルモンよりも相対的に減少する原因として加齢、ストレス、ホルモンバランスの乱れ等が挙げられます。

 

FAGAは放置していても基本的に回復することはなく、意識して髪の毛を元に戻す努力をしないと本来のあるべき姿には戻りにくいです。

 

しかし、適切な処置をおこなえば男性よりも回復しやすいとも言われています。

 

FAGAは更年期を迎えた女性に多いと言われきましたが、今では10代〜20代と比較的若い世代の女性でも卵巣機能の低下、若年性脱毛症といった女性ホルモンのバランスの乱れで悩まされる方もいらっしゃいます。

 

 

10代〜20代の方の薄毛対策

P

比較的若い世代で薄毛に悩まされている場合、頭皮や毛母細胞の老化ではなくヘアサイクルが正しく機能せず、@本来抜け落ちないはずの毛が抜けおちるA毛穴から生える本数が減るB毛が痩せることが原因で薄毛になることが多いです。

 

毛の密度が低下し慢性休止期脱毛症とも言われます。

 

この世代の方は乱れたヘアサイクルを改善し、毛母細胞にしっかりと栄養を送ることが大切です。

 

 

10代女性の薄毛の治し方はこちら
20代女性の薄毛の治し方はこちら

 

 

更年期を迎えた女性のFAGA対処法

P

女性は30代後半から女性ホルモンが減少し、髪のハリやコシがなくなる、髪の毛1本1本が細くなり頭皮がじわっと薄くなることが特徴です。

 

このくらいの年齢の方で薄毛に悩んでいる場合は女性ホルモンに配慮した育毛剤を使い、毛母細胞を活性化させることが重要です。

 

 

更年期の女性におすすめの育毛剤はこちら

 

FAGA以外の薄毛の原因は?

FAGA以外にも髪が脱毛してしまう原因は存在し、皮膚病、内臓疾患の病気などが挙げられます。

 

皮膚病

頭皮の皮膚病にかかっている場合、脂漏性湿疹は脱毛を伴うことがあります。

 

初めは頭皮の炎症や頭皮ニキビと間違えやすいですが、症状が進むとかゆみや大量のフケに悩まされることがあります。

 

頭皮がベタベタしている、かゆみ、フケといった症状がみられたら皮膚科を受診しましょう。

 

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症の場合、重症の方の場合「脱毛」の症状が見られます。

 

実際に薄毛で悩んでいる人のうち甲状腺機能低下症によるものはごく一部ですが甲状腺ホルモンは髪の毛の成長の開始と成長の期間に対する作用があることがわかっています。

 

つまり、甲状腺が不足すると髪の毛が細く弱っていきます。

 

この場合、甲状腺ホルモンを補充することによって良くなる場合がほとんどなので、医師の診察を受けましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ