MENU

頭皮や髪の毛を紫外線から守る方法

紫外線

女性でも30歳を過ぎる頃から髪のボリュームが減り、40歳を過ぎた頃から薄毛に悩む人が多くなります。

 

食生活やシャンプーの仕方など気をつけるべきことはたくさんありますが、紫外線についても対策が必要なのをご存知でしょうか?

 

髪の毛で覆われているため顔や手足と比べて見落としがちですが、髪と地肌は紫外線を浴びると私たちが想像している以上に痛みます。

 

紫外線によって毛穴が衰えて抜け毛が増えたり、地肌にシミができることもあるのです。

 

食わて乾燥により、髪のツヤも失われます。

紫外線から髪を守る方法

では紫外線から地肌や髪の毛を守るためにはどうすればよいでしょうか?

 

簡単な紫外線予防法をご紹介します。

帽子をかぶる

帽子

紫外線をシャットアウトするために帽子を被ることは簡単な紫外線対策になります。帽子は顔に日陰を作ること求めて被る人が多いですが、髪と頭皮を守る役割もあるのです。

 

紫外線は一年中飛降り注いでいるので、できたら通年で帽子を被った方が理想的です。また曇りの日も紫外線は降り注いでいるので油断しないようにしてくださいね。

 

夏の季節であれば、通気性の良い素材を選び、冬であればウール素材のものがおすすめです。帽子を被って蒸れてしまうのが嫌な方は日傘なども有効です。

 

長時間かぶると蒸れて頭皮環境が悪化してしまう要因になるので、季節にあった頭皮に負担をかけない素材の帽子を選ぶようにしてください。

紫外線予防効果のあるシャンプーを使う

シャンプー

シャンプーやリンス、トリートメントを使うことで髪をコーティングして、紫外線から守ることができます。

 

洗い流さないタイプのトリートメントであれば、より高い効果が期待できます。

 

また実際に紫外線を浴びてしまった髪は、補修効果の高いトリートメントを早目に使ってケアしましょう。そうすれば紫外線による枝毛や切れ毛、メラニンが分解されて起こる退色(色の抜け)も防げます。

 

髪の髪は顔の何倍もの紫外線を浴びると言われているのでこの2点は意識して過ごしてみてください。