MENU

タバコが与える薄毛への影響とは

タバコと薄毛

タバコは健康に対する悪影響だけではなく、抜け毛にとっても悪影響をもたらします。

 

ひとつは、タバコを吸うと毛細血管が収縮して血行不良になる点です。

 

タバコを吸うと体が冷えると感じる方も多いと思いますが、これはニコチンによって頭皮の血流が悪くなっている状態です。

 

頭皮の血流が悪くなれば、抜け毛が増え、新しい根太い髪の毛が生えてこないトラブルに陥りやすくなります。

 

その他にも男性ホルモンが増える、ビタミンが減る、自律神経が乱れる、肝臓が悪くなるなど一つ一つが薄毛、抜け毛へ影響をもたらします。

 

自律神経が乱れると頭皮から皮脂を多く分泌するようになるため頭皮環境が悪くなり、せっかくの育毛剤効果も半減します。また、頭皮環境が悪くなれば頭皮臭を強くさせる原因に。

 

ですが、一方で禁煙をして逆に抜け毛が増える方もいるようです。これは禁煙した事でストレスがかかり一時的に抜け毛が増えてしまった例です。

 

ですが、一時的にストレスで抜け毛が増えでも結局は禁煙した方が、抜け毛にも良い効果をもたらします。

 

子供がお父さんにタバコをやめて欲しいというテレビCMもありますよね。

 

タバコと抜け毛

最近は、禁煙外来というのも少しずつ増えているので、お医者さんで相談してみるのも良いかと思います。

 

確かに一度吸い始めてしまうと、やめるのは難しいですが、健康のためにも抜け毛の為にも吸わない方が良いでしょう。