MENU

ストレスが髪の毛の成長に悪いのはなぜ?

ストレス 薄毛

私たちは少なからずストレスにさらされながら生活をしています。

 

学生さんならば試験や友達関係、お仕事をされている方ならば業務や仕事に関する人間関係、主婦の方ならば子育てや家計やママ友とのお付き合い、より充実した人生をおくるために考えたり誰かと関わったりして生活していますよね。

 

昔からストレスを感じるとハゲると言われていますが、そのメカニズムまで詳しく考える人は少ないです。

 

今回はストレスと薄毛の関係についてご説明します。

 

ヒトはストレスを感じると交感神経と副交感神経のバランスが崩れ自律神経が乱れます。

 

すると血行不良を起こし、頭部に十分な酸素と栄養を運ぶことができなくなり毛髪は成長途中で抜け落ちてしまいます。

 

健康な人のヘアサイクルは2年から7年と言われていますがヘアサイクルが乱れ成長途中の毛髪がたびたび抜けるので、柔らかくコシのない毛髪ばかりになってしまうため薄毛が目立つのです。

 

恐ろしいことに毛細血管は不要だと判断した箇所はどんどん退化していくので血行不良を放置するとしまいにはかつらや植毛のお世話になることになります。

 

こうならないためにも抜け毛が気になったら意識的に血行を促進させる対策を取らなくてはなりません。

 

薄毛が目立っている場合は薄毛外来を受診するのがいちばんの早道ですが、初期症状ならばセルフケアで十分に効果が期待できます。

 

例えば入浴の際は湯船にゆっくりと浸かる(自律神経のバランスを整える)、通勤では一駅前で下車し歩く(汗をかく)、スマートフォンをひかえる(仕事以外での眼精疲労を和らげる)、睡眠をしっかりとる(自律神経を正常に働かせる)等が考えられます。

 

また過度の飲酒や喫煙も悪影響なので控えるようにしてください。

 

これらのセルフケアでは賄えない!と思ったら育毛シャンプーや育毛剤を使ったケアを取り入れましょう。

 

もちろん、薄毛や抜け毛が気になった時点で育毛剤を使うことも有効です。早めの対策が症状の悪化を防ぎ、回復までの期間も短くなるからです。

 

また毛髪は眠っているときしか成長しないので睡眠は大事ですよ。

 

忙しい日々の中でも睡眠時間を意識した生活を送っている人とそうでない人では髪の毛の成長度合いも異なるでしょう。

 

さらに日々食べているものであなたの身体はできているので、バランスのよい食生活を心がけ肥満等の身体的なストレスを軽減させることも重要です。

 

全てをこなすのは難しいですから自分ができることから始めて見てください。

 

また自分の頭皮環境や薄毛の症状に合わせて育毛シャンプー、育毛剤といったアイテムも取り入れてみてくださいね。

 

おすすめの育毛シャンプーはこちら>>

 

おすすめの女性用育毛剤ランキングはこちら>>