MENU

白髪ができる原因、白髪の量は何で決まるの?

白髪

白髪は老化の一つのサインとして見られる傾向があるので、いつまでも若々しくいたい女性の中には白髪染めを頻繁に利用される方も多いと思います。

 

ですが、同じ年代であっても白髪が多い人、そうでない人とが存在しますが、この違いは何によるものなのでしょうか?

 

もし自分が白髪になりにくい人と同じ要因を持ち合わせればこれから生えてくる白髪の量が減る?と期待がもてますよね。

白髪はなぜできる?

そもそもなぜ白髪はできるのでしょうか?

 

黒い髪の毛を作るのは、血液です。髪の毛は本来は無色ですが、毛根にある「メラノサイト」によって色がつけられ、日本人なら黒髪として髪の毛が生えます。

 

ですが、様々な条件が重なりメラノサイトの働きが悪くなったり栄養を受け取れなくなると髪の毛に色をつけることができなり、白髪として生えてきます。

 

白髪を見つけると抜きたくなりますが、白髪が生えている毛根のメラノサイトは正常ではないので、抜いても黒い髪の毛が出てくることはないので注意しましょう。

メラノサイトの働きが弱る原因

メラノサイトの働きを鈍らせてしまう原因は様々ありますが、

 

加齢

大きなストレス

睡眠不足

栄養バランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れ

 

などが原因で白髪は増えてしまいます。

白髪が多い人とそうでない人の違い

白髪が多い人とそうでない人の違いは毛根部分にあるメラノサイトの量、そしてその中でも活性化しているメラノサイトの量の違いと言えそうですね。

 

メラノサイトの活動が弱まる原因をいくつも持っていればそれに比例して白髪の量は増えやすくなります。

 

白髪が多いと苦労しているなんてイメージがありますが、あながちそれも間違いではないのかもしれませんね。

 

ただ白髪が増えるスピードやメラノサイトの活動には個人差があるので、白髪が多いからといって必ずしも世間の考えが当てはまるとは限りません。

 

ただ白髪を増やしたくないのであれば白髪ができない生活を心がける必要があると言えるでしょう。

育毛剤で白髪は改善される?

育毛剤には直接白髪を改善させる効果はありません。

 

ですが、育毛剤を使っているうちに白髪の量が減っている気がする、もしくは白髪染めを使う量が減ったと実感される方が多いのが事実です。

 

これは推測ではありますが以下の仮説が考えられます

血行促進によってメラニンが活性化された

育毛剤の血行促進作用によってメラノサイトが刺激され、メラニン生成が活性化した結果白髪が徐々に黒髪に変わっていった。

 

栄養状態が改善された

栄養状態の悪化で白髪が増えた場合、育毛剤の栄養によって毛母細胞を活性化し、毛母細胞の周りにあるメラノサイトが刺激を受け、メラノサイトの働きによって髪の毛が徐々に色を取り戻した。

 

ただし、一度死んでしまったメラノサイトを復活させることは現時点では困難なので、この場合はいくら育毛剤を使用しても白髪の量が減ることはありません。

白髪を改善させるには

頭皮マッサージ

頭皮マッサージで血流を改善し、老廃物を流すとメラノサイトが活性化されやすくなります。

 

活性化したメラノサイトはメラニンを生成し、黒髪の発毛へとつながります。

栄養バランスを見直す

自分が食べたものは血液に反映されるので、バランスの悪い食事はメラノサイトの活動を弱めてしまいます。

 

積極的に取りたいのは、海藻類・ミネラル(特に野菜)・豆類です。毛母細胞と同じようにメラノサイトにも栄養を与え、働きを改善させましょう。

ストレスを軽減させる

夜遅くのスマホやパソコン操作が知らず知らずのうちにストレスをかけていることがあります。

 

仕事や家庭のストレスもよくありません。適度なストレス解消としての運動や早めの睡眠が大切です。

生活習慣を見直す

生活の乱れはホルモンバランスを崩す要因に。

 

生活リズムを整えて、神経やホルモンバランスを整えるようにしましょう。