MENU

市販シャンプーは危険!?オススメできない理由

シャンプーは頭皮をキレイにするものだとお伝えしました。

 

ですが、現在市販されているシャンプーは洗浄力に特化したものが多く、泡立ちを重要しているものがほとんどです。

 

市販シャンプーの洗浄成分でよく使われるのがラウリル硫酸ラウレル硫酸といった陰イオン性の界面活性剤です。

 

・ラウリル硫酸ナトリウム

・ラウレル硫酸ナトリウム

・ラウリル硫酸アンモニウム

・ラウレル硫酸アンモニウム

 

この界面活性剤は普通の洗剤では落としきれない脂質汚れも落とす効果があるので、頭皮に必要な皮脂膜までも除去してしまいます。

 

実は普段お皿洗いに使っている洗剤や床の洗浄剤にもラウリル硫酸やラウレル硫酸は使われています。これらの成分がいかに洗浄力が強いかがおわかりいただけると思います。

 

これらのシャンプーは洗い上がりがさっぱりとしますが、乾燥肌の人がこういった市販シャンプーを使うと頭皮の水分保護機能が低下し、頭皮の角質層が乾燥します。

 

泡立ちがあるほど「頭を洗えてる!」なんて気がしますよね。

 

市販で購入できる安価なシャンプーは消費者の心理を掴むことを優先し、頭皮環境に関しては後回しにしているものがほとんどです。

 

なので、CMで泡立ちを強調しているものや市販のドラッグストアで購入できるシャンプーは薄毛や抜け毛が気になる人は避けたほうが良いのです