MENU

タンパク質はどのように髪の毛に影響するの?

タンパク質

タンパク質は、髪の毛にとって重要な成分であることは薄毛や抜け毛に悩む人もそうでない人にもすでにおわかりのことでしょう。

 

基本的に髪の毛の内部はタンパク質で形成されているので、タンパク質は必要不可欠な成分でます。

 

タンパク質といってもそのうちの1種であるケラチンが髪の毛を構成しています。

 

髪の毛は99%がこのケラチンでできています。

 

体内でもタンパク質は作られますが、普段の食生活において積極的にタンパク質を摂取すると髪の毛の質はさらに良くなります。

タンパク質の効果とは

タンパク質は髪の毛だけでなく皮膚や内臓、爪の生成にも関係しているので、タンパク質を程良く摂取する事で健康な肉体が作られます。

 

そして、薄毛に悩んでいる女性でも新しく髪の毛が生えて薄毛の悩みを解消出来る可能性が出てきます。

 

タンパク質は余計な油分なども減少させる効果がありあらゆる方面で身体に良い栄養素です。

 

タンパク質を豊富に摂取すると髪の毛の切れ毛や枝毛なども防いでくれますよ。

 

その他にもタンパク質は思考能力や集中力を向上させる働きも持っているので、身体だけでなく精神や身体の内部にも働きかけてくれます。

どんなタンパク質を摂取すればよい?

タンパク質には動物性タンパク質と植物性タンパク質が存在します。

 

髪の毛のために良質なタンパク質を摂取しましょうと言われていますが、動物性タンパク質と植物性タンパク質の両方をバランスよく摂ることが大切です。

動物性タンパク質

動物性タンパク質

肉、魚、卵やチーズなど

 

卵はどんな調理法でも問題ないのですが、丸ごと茹でてから食べるとタンパク質を含む豊富な栄養を失う事なく摂取する事が出来ます。

 

卵の場合食べ過ぎるとコレステロール値を上げてしまう場合もあるので、卵だけでなく魚や肉、チーズもバランス良く食べると体内にタンパク質が蓄積されます。

植物性タンパク質

植物性タンパク質

豆腐、大豆、納豆など

 

植物性タンパク質は動物性タンパク質と比較すると吸収性は劣りますが、血中コレステロールを下げる働きがあるので、髪にも体にも優しい栄養素になってくれます。

タンパク質の吸収を高めるには

実はいくら髪の毛によいといってもタンパク質だけをやみくもに摂っていては理想的ではありません。

 

タンパク質はそのまま体に吸収されるのではなくアミノ酸に分解されたあと、再度分解したアミノ酸が体内でタンパク質に再構成され髪の毛の栄養素として運ばれていきます。

 

髪の毛を構成するケラチンは18種類のアミノ酸が結合したものです。

 

これらの再合成されできたタンパク質を効率よく吸収させるためにはビタミン、ミネラル、亜鉛が必要です。

 

バランスが摂れた食生活を意識する必要があるのはこういった理由があるからなんですね。

 

特にビタミンCや亜鉛、ビタミンEは外から摂取しなければ得られない栄養素なので、サプリメントや日々の料理でこれらの栄養素を意識した食生活を送るようにしてくださいね。