MENU

育毛剤に使われるプロペシアってどんな成分?

プロペシアは男性用育毛剤に使われている成分で、プロペシアの主成分「フィナテスリド」がAGAを進行させるジヒドロテストステロンの生成を抑制し、抜け毛を予防する働きがあります。

 

もともとは男性の前立腺肥大の薬として使用されていたところ、薬を飲んでいた男性患者の髪の毛がフサフサに生えてきたことから発毛効果があることが発見され、それから男性用育毛剤の成分として使われるようになりました。

 

このフィナテスリドを含んだプロペシア(商品名)は男性ホルモンに作用するので男性の育毛には大変有効ですが、女性の薄毛がこのプロペシアの効果はありません。

 

また、このプロペシアに関しては女性は触れることすら許されないほどの危険性があると言われています。

 

男児を妊娠している女性がプロペシアに触れるとプロペシアの有効成分であるフィナテスリドが胎児の生殖機能に異常をきたす可能性があり、さらに妊娠をしていなくても婦人科系の病気を発症してしまう可能性があるのです。

 

プロペシアは皮膚からも吸収されてしまうので、旦那さんが育毛剤を使っている場合はプロペシアの存在には十分気をつける必要があります。

 

また肝機能障害がある方への投薬は安全性が確認されていないので肝臓に病気を抱えている方には男性でも使用を控える必要があると言えるでしょう。

 

プロペシアは育毛剤だけに使われている薬ではないので、他の薬でも配合されている薬はないか、よく注意する必要があるります。

 

女性でも安心して使える育毛成分(育毛剤)はこちら>>