MENU

PMSが薄毛に影響を与える!?

いつもより体がだるい、訳もなくイライラしたり落ち着かない、頭が痛い、食欲が止まらない・・・月経前症候群、いわゆるPMSに悩まされている女性は多いです。

 

生理前はホルモンバランスの関係でいつもの自分とは違った状態になってしまうのですが、意に反して精神や体に不調を抱えるのは辛いものですよね。

 

実はこのPMSは女性の抜け毛にも関係しています。

 

体や精神の不調だけでなく、PMSが抜け毛まで引き起こすとはどういうことなのでしょうか?

 

ここではPMSと同時に見られる抜け毛への関係をご説明します。

 

PMSは排卵後に女性の体に分泌される、あるホルモンが関係しています。女性ホルモンには二つあり、エストロゲンプロゲステロンとそれぞれ呼ばれます。

 

前者のエストロゲンは、大豆に含まれるイソフラボンとよく似た性質を持ち、生理の開始から排卵期まで分泌されます。

 

排卵すると今度は受精卵の着床をサポートするためにプロゲステロンというホルモンが分泌されますが、これは卵巣の黄体から分泌されるため黄体ホルモンとも呼ばれます。

 

このプロゲステロン皮脂を増加させる働きを持ち、頭皮の皮脂分泌までも過剰にさせてしまうため、抜け毛をもたらすのです。

 

よく生理前に顔が脂っぽくなったり、ニキビができる方も多いですが、これはプロゲステロンの働きによるためです。

 

この時期は頭皮も同じように皮脂過剰な状態になり、毛穴が詰まって抜け毛を引き起こしやすくなります。

 

PMSの症状が抜け毛をもたらすというよりも、PMSが見られる時期は体質的にホルモンの影響で薄毛になりやすい、と言えるんですね。

 

またホルモンの関係でイライラしてしまうことも頭皮にはよくありません。

 

ホルモンの関係によって引き起こされる抜け毛なので時期が来れば治まりますが一時的とはいえ抜け毛が増えたり皮脂でべとついたりするのは嫌なものですよね。

 

できるだけ抜け毛を防ぐように、頭皮はいつも清潔な環境にしておきたいものです。

 

頭皮のベタつき、臭いが気になった時は洗浄力がマイルドな泡できちんと髪を洗うことはもちろん、ワックスなどをたくさんつけすぎて毛穴をふさがないようにしましょう。

 

また、排卵期が終わったら脂っぽい食べ物を避けるのも有効です。

 

ストレスの多い環境ではPMSが強く出るので、できる限りストレスを避けるか、それが無理ならうまく対処する方法を見つけることが大事です。

 

心と体、そして頭皮を労わりながら辛いPMSを乗り越えてくださいね。