MENU

髪の毛のパサつきやうねりが出てしまうのはなぜ?

髪の毛のパサつき

髪のパサつきやうねりに悩む女性が増えています。

 

小さい頃はまっすぐでキューティクルのしっかりした綺麗な髪だったのに、年齢を重ねるにつれてだんだん髪がパサつき始め、気が付くとくせ毛のようなうねりまで出てしまった・・・という人は、きっと多いはずです。

 

なぜ年齢を重ねるごとにきれいな髪が失われてしまうのでしょうか?

 

年齢とともに気になる髪のパサつき、うねりはもちろん遺伝によって髪の癖が出やすいという場合もありますが、後天的な要因として生活習慣も多く関係しています。

 

例えば強い洗浄力のあるシャンプーで毎日髪を洗って過剰に髪を清潔にしすぎると、髪の水分力を保持する力を奪ってしまいどんどん髪や頭皮が乾燥してしまいます。

 

さらにその後ドライヤーをかけすぎたりすると熱によって水分が奪われ、ますます髪は内部から乾ききった状態になってしまうのです。

 

さらに最近では冷暖房の効いたオフィスで何時間も過ごすライフスタイルをもつ女性も増えましたがこのようにエアコンにさらされればそれだけ髪の水分は失われます。

 

また乾燥した空気にさらされることは髪だけでなく肌にも悪い影響を与えます。

 

肌が乾燥すれば肌荒れの原因となりますが、頭皮も同様に乾燥し、毛穴が歪んでうねった毛髪が生える原因ともなるのです。

 

その他、髪がうねる原因としては運動不足や過激なダイエットなどによって血行が悪くなり、必要成分がきちんと頭皮にいきわたっていなかったり、過度に紫外線を浴びることによって頭皮が乾燥して歪むことなどが考えられます。

 

またお酒やたばこを過剰摂取した時も、体の中で毒素を分解するときに多量に栄養を消耗してしまい、結果的に髪にまで栄養がいきわたらなくなります。

 

髪のトラブルはこのように日常生活に原因がありますが、もちろん生活習慣を改めることで改善できる場合もあります。

 

適切に栄養をとり、運動をして血行を促し、体の中だけでなく頭皮に栄養がいきわたるようにしましょう。

 

また自然成分からできた頭皮に優しいシャンプーに切り替えるのも有効です。

 

ドライヤーは髪を傷める大きな要因になります。使用するときには余分に熱を当てすぎないよう注意しましょう。

 

髪の問題は体全体の問題ですので、全身の健康に気を配り健康な髪を育てましょう。