MENU

妊娠中の薄毛・抜け毛対策

妊娠中 薄毛

妊娠と出産の時期は、赤ちゃんのためにお母さんのホルモンバランスが急激に変化します。

 

毛髪の生える仕組みは、ホルモンバランスの影響を受けやすいため、妊娠中や産後に抜け毛で悩む女性は多いです。

 

特に産後の数か月は薄毛になったり、頭皮を見ても薄毛は気にならないけれど、驚くほど髪の毛が抜けるという場合もあります。

 

一般的には妊娠中はホルモンバランスの変化でむしろ、髪の毛が抜けにくくなります。

 

産後には、驚くほど髪の毛が抜けているように感じますが、妊娠中にあまり抜けなかったので、帳尻が合うという位なことが多いです。

 

しかし、ホルモンバランスが乱れてしまった場合には、妊娠中でも薄毛になって産後にももとに戻らないと感じる女性も多いです。

 

多くの場合は、産後半年や1年も経てば元に戻ることが多いのですが、気になる場合には医師に相談しましょう。

 

妊娠中 薄毛

分娩後脱毛症における妊娠中の薄毛対策として、栄養をバランスよくしっかりと摂取して、ストレスを溜めないような生活を送りましょう。

 

入浴前に、髪の毛をブラッシングして頭皮全体を10本の指の腹で指圧するようにマッサージすると血流の改善に効果的です。

 

体調が悪い時にはしっかり休息して、あまりナーバスにあれこれ考えない方がよいです。

 

ホルモンバランスが急激に変化すると精神面での波も大きくなるので、リラックスしながら薄毛対策を行いましょう。

 

産後抜け毛にオススメの育毛剤はこちら