MENU

若い女性でも女性用幾毛剤は使えるの?

女性の薄毛というと中高年女性の悩みといったイメージがありますが、今や10代の女性でも薄毛に悩む人が増えています。

 

世代によって薄毛になる原因はそれぞれ異なりますが、今や女性の薄毛は年代を超えた女性の悩みと言い切れます。

 

薄毛の原因がストレスや運動不足、偏った食生活、ダイエットのしすぎなど、それぞれ薄毛の原因がわかっている場合のその生活習慣を改めることで薄毛の改善が期待できますが、それでもカバーしきれない分はやはり育毛剤に頼って健康で豊かな髪を取り戻したいところです。

 

ですが、女性用育毛剤は10代など若い女性でも使っていいものなのでしょうか?

女性用育毛剤に使用年齢の制限はある?

実は、いわゆる「医薬部外品」と明記してある女性用育毛剤ならば、使用年齢に制限がなく、若い女性でも使うことが可能です。

 

これは副作用の心配がとても低く、ドラッグストアなどで簡単に入手できるものです。

 

最近ではネット通販などでも簡単に購入できるようになりました。

 

それとは別に、「医薬品」として販売されている女性育毛剤は、副作用の心配に注意すべきものであり、基本的に20歳からしか使用することができません。

 

女性用育毛剤を購入する際は手にとった幾毛剤がどちらなのかをきちんと確認するようにしましょう。

若い女性が女性用育毛剤を選ぶなら

薄毛になったら医薬部外品の女性用育毛剤を使えば問題なし、とは言い切れません。

 

体が若く、未発達の女性は特にホルモンのバランスが安定していません。そのためホルモンバランスに悪影響を与えないものを選ぶことが大切です。

 

特にイソフラボンなど体に優しく、なおかつホルモンに良い影響を与える成分が含まれていれば問題ないでしょう。

 

もちろん、デリケートな体に優しい無添加のものを選ぶことも同じように大切です。

 

頭皮ニキビなどの頭皮トラブルを抱えている場合も敏感肌でも使える無添加の女性用育毛剤だと安心です。

 

また万が一肌に合わなかった場合は返金してもらうことができる返金保証制度つきの女性用育毛剤を選ぶと失敗がありません。

 

現代に生きる女性は様々なストレスを受け、どんな年代の女性でも薄毛や抜け毛の悩みを抱える可能性があります。

 

若くして髪のトラブルに見舞われたら、医薬部外品の女性用育毛剤を適切に選んでケアしましょう。

 

もちろん、ストレスを上手くコントロールし生活環境を整えることも忘れないでください。