MENU

慢性休止期脱毛症の原因と対策

P

慢性休止期脱毛症は過度のダイエットやストレス、薬剤の服用に伴う副作用などが主な原因です。

 

体の栄養が奪われたりバランスが崩れることでヘアサイクルが乱れ、通常10%ほどの休止期にあたる髪が30%程に増加することで毛が抜けます。

 

毛の密度が低下し、全体的にスカスカになってしまうのが特徴です。

 

症状

慢性の場合半年間かけてじっくりと薄毛が進行していき、女性男性型脱毛とは異なり毛は細くならず、頭頂部以外にも横や後頭部の毛が減ることもあります。

 

 

P

 

軟毛化せず、ちょっとひっぱっただけで抜けてしまうこともあり比較的若い世代の方にこの慢性休止期脱毛症で悩む事が多いです。

 

私生活でできる対策

慢性休止期脱毛症を治すためには、まず日常生活で原因となるものを取り除くことが一番有効です。

 

過度なダイエットで脱毛が進んでしまった場合は栄養バランスがとれている食事を摂取しましょう。

 

直接生命維持に関わっていない髪の毛は体の中でも栄養が回ってくるのは最後なため、栄養不足の場合真っ先にその影響が出てしまいます。

 

ストレスにより慢性休止期脱毛症が進んでしまった場合は、自分のリラックスできる時間をできるだけ取るなど、ストレスを紛らわせる工夫を取り入れてみてください。

 

完全にストレスをなくす生活は難しいですが、自分の好きなことをする時間を増やしてリフレッシュすることが大切です。

 

育毛剤を使った対策

育毛効果のある育毛剤と生活習慣の改善によって、豊かな髪を取り戻すことが可能です。

 

慢性休止脱毛症の治療ではミノキシジルが使われることがあります。しかしミノキシジルは副作用がでることがあり女性にはオススメできません。

 

女性の場合、ミノキシジルに変わる成分としてミツイシコンブがよいでしょう。

 

ミノキシジルよりも安全で育毛効果が高く、毛母細胞を活性化させて太く強い髪の毛の成長を促します。

 

 

当サイト管理人はこの慢性休止期脱毛症で現在も育毛を継続中です。

↓↓↓

P