MENU

育毛剤の効果が感じられない時

P

育毛剤を使っていても効果がなかった、イマイチ実感ができなかった実感される方もいらっしゃいます。

 

この場合、いくつかの原因が考えられます。

 

なぜ、育毛剤をつかっても効果が感じられなかったのでしょうか。理由を探ってみます。

 

 

正しい使用方法ができていなかった

育毛剤はただやみくもに付けていればどんな時でも効果を発揮してくれるというものではありません。使い方が間違っていればその効果も半減、もしくは感じられなくなることもあります。

 

育毛剤をつかうタイミングは夜、入浴をしてシャンプーをした後、毛穴がスッキリと綺麗になった状態で使うことが理想です。

 

日中の汚れや老廃物を除去した後に育毛剤を使用するとそれだけ有効成分が浸透しやすくなります。

 

また地肌が目立っている場所だけではなく頭皮全体に付けることが大切です。

 

育毛剤を塗布した後は頭皮マッサージをしますが、このマッサージの方法が間違っていると毛根にダメージを負わせて逆効果になる場合があります。

 

頭皮マッサージは指の腹で優しく、力を入れすぎない程度にしましょう。

 

 

栄養が不足していた

P

髪の成長に必要な栄養素が不足していると、どんなにいい育毛剤を使用してもその効果が十二分に発揮できなくなります。

 

特に女性の場合は、薄毛の原因に女性ホルモンの減少が深く関与しています。大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンの成分構造と似ているので大豆製品を積極的にとってみてください。

 

髪の毛の成長にはタンパク質、ビタミン、海藻類、亜鉛等が効果的です。タンパク質は肉、魚、大豆食品からとれますが、植物性のタンパク質がよりオススメです。

 

お豆腐や納豆はどんな料理にも使えるので積極的に摂取してみてください。またビタミン群は緑黄色野菜、亜鉛は牡蠣や豚レバー、チーズ、アーモンドなどで摂取できます。

 

頭皮環境の悪化(生活習慣の乱れ)

P

生活習慣が不規則な場合、その影響は頭皮にも出てきます。

 

夜更かしや栄養不足、喫煙をしているとせっかくの育毛剤の効果も半減します。

 

日付が変わる頃には睡眠をとるようにしましょう。また喫煙をしているとたとえ育毛剤を使用していたとしても喫煙による影響で頭皮環境が悪化し、育毛剤の効果が出にくくなります。

 

喫煙をしているのであれば髪のために禁煙することをオススメします。

 

育毛剤の使用期間が短期間

育毛剤をどの程度の期間使用し、効果がなかったと感じたでしょうか?

 

ヒトのヘアサイクルは成長期(4年~6年)⇒退行期(2週間~3週間)⇒休止期(2ヶ月~3ヶ月)を繰り返しており薄毛はこの成長期に健康な髪の毛が抜けてしまったり休止期が長くなることでおこります。

 

成長期に抜けてしまった場合、次の髪の毛が生えてくる準備が出来てない状態で抜け落ちてしまうためそれだけ次の髪の毛が生えてくるまでに時間がかかります。

 

健康な髪の毛でも次の髪の毛が生えてくるのに2ヶ月~3ヶ月かかることを考えると、ヘアサイクルが乱れた頭皮から新しい髪の毛が生えるにはさらに時間を要します。

 

育毛剤を使用しはじめると期待が膨らみ1ヶ月程度で全く効果がないと効き目がないのでは?と思いがちですが、根気よく使い続けることが大切です。

 

少なくとも半年ほど継続して使うつもりでいましょう。

 

半年~1年使っても一向に改善されない場合