MENU

加齢による髪の毛の変化とは?

加齢 髪質

これまでと髪の毛の様子が変わったなあと感じることがありませんか?

 

女性は初潮を迎える頃に髪質が変わったりということがある様に、体と髪の毛には密接な関係にあります。

 

加齢も髪の毛の質を変える原因の一つです。

 

頭皮も肌の一部で年齢と共にだんだんとたるみが生じてきます。頭皮がたるむとどうなるのかといえば、丸い毛穴が歪んでストレートだった髪の人もうねりが出てしまったりします。

 

また、頭皮の老化は保水力も減少するので髪のキューティクルが壊れやすくなり髪を弱くし枝毛切れ毛になりやすくなります。

 

加齢 髪質

多くの女性は顔にはお金をかけるものの、頭皮にはあまり目を向けません。

 

髪の毛で覆われているので普段着目しづらい場所ではありますが、頭皮の変化は髪の毛の変化として現れています。

 

可能であれば頭皮も顔などと同様にしっかりアンチエイジングをしたいところですね。

 

特に女性は年齢を重ねると髪質だけではなくホルモンの影響で抜け毛や薄毛に悩まされるようになります。

 

早めに対策をしておくことで程度を抑えることも可能なので、気づいた時点で頭皮のアンチエイジングを始めることが理想です。

女性の髪の毛とホルモンバランスの関係

ホルモンバランスと髪の生育にはとても深い関係があり、女性ホルモンは美しい髪の毛を作り出してくれます。

 

ですが、美髪を育てるエストロゲンは35歳あたりから減少していきます。

 

エストロゲンが減少すると、髪はパサパサしたり、艶が無くなったり、酷くなれば抜け毛も増え、FAGAという女性ならでわの薄毛の症状を発症してしまうこともあります。

 

また年齢や生活習慣によって女性ホルモンよりも男性ホルモンが優勢になると髪の成長が邪魔されたり、皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まるなど薄毛の原因を引き起こします。

 

この様に年齢を重ねると「頭皮老化」と「ホルモンバランス」の両面が髪質を変えてしまいます。

 

できるだけ規則正しい生活を送り、栄養バランスの良い食事を摂り、良い睡眠をしっかり摂るなどしていつまでも若々しい体調を保つことが髪のためにも大切です。

 

髪質が急に変わったかも?という時は注意信号ですので、毎日髪の毛のこと意識してみてくださいね。