MENU

飲酒は育毛に良くない?

育毛と飲酒

少量をたしなむくらいならお酒は体に良い効果をもたらす事が分かっています。

 

ですが、肝臓がアルコールを分解するのが間に合わないくらいの飲酒を毎日のように継続すれば、抜け毛に悪影響を及ぼすというのはご存知でしょうか?

 

何故なら、肝臓がアルコールを分解しきれないほどお酒をたくさん飲むと、DHTという抜け毛の原因になるホルモンが増えてしまうからです。

 

また、お酒は少量飲めば血行が良くなりますが、深酒をするとむしろ血行が悪くなります。

 

一番良くないのは、お酒を飲みながらタバコを吸うことです。

 

お酒と同時に喫煙をすると、毛細血管の収縮が著しくなるため、頭皮の血行も大幅に悪くなります。

 

このように飲酒には、ホルモンと言う視点で見ても血流の悪化という視点から見ても抜け毛には悪影響を及ぼします。

 

例えば週末に1~2杯程度のお酒を晩酌するというのは良い習慣かも知れません。

 

しかし、毎日のようにボトルを空けるとか記憶を失うまで飲むとか、乱暴な飲み方をすれば、体だけではなく頭皮にも大きく悪影響を及ぼす結果になってしまいます。

 

薄毛や抜け毛に悩んでいる場合や育毛剤を使っている時は過度なお酒やタバコは育毛を妨げる原因になります。

 

この二つが日常的になっている方はこの時期だけでもこの二つを控えるように意識してみてください。