MENU

頭皮の皮脂が薄毛や抜け毛に拍車をかける理由

頭皮 ベタつき

頭皮がべたべたしている、脂ぎっているという方は薄毛・抜け毛への危険信号です。

 

というのも頭皮の皮脂の過剰分泌は薄毛や抜け毛に大きな悪影響を及ぼしてしまうからです。

 

頭皮の皮脂が過剰に分泌されると毛穴が皮脂によって詰まってしまいます

 

この皮脂は角栓になって毛穴を塞ぎ、新しく髪の毛生えてくるのを邪魔してしまいます。

 

さらに溜まった皮脂をそのままにしていると紫外線などで酸化します。

 

酸化した皮脂も頭皮に悪影響を及ぼし、悪臭やかゆみの原因になる他、雑菌が繁殖して炎症を起こしてしまう場合もあります。

 

頭皮環境が悪化すると抜け毛は酷くなるので、毛根に汚れを溜めないことが大事です。

 

頭皮の余分な皮脂を取り除くためには皮脂を取りすぎないシャンプーなども有効ですが、そもそも汚れを溜めないような生活習慣を身に付けることが大切です。

 

シャンプーで皮脂を取り除こうとすると洗浄力が強いシャンプーを使ったり、頻回シャンプーすることで余計に皮脂分泌を過剰にさせてしまう方が多いです。

 

べたつくからと言ってもシャンプーは1日1度までを心がけましょう。

 

必要以上に皮脂を落とすと、頭皮を保護するために余計に皮脂が分泌されてしまいます。また、頭皮を傷つけるようなゴシゴシ洗いも止めましょう。

 

食生活で気をつけられうことは脂肪の多い食べ物に気を付けることです。

食生活ではお肉や揚げ物は勿論ですが、スナック菓子など、さらに糖分の多いケーキやジュースなども皮脂を増やします。

 

余分な脂肪分は頭皮の皮脂の過剰分泌の原因となります。

 

乳製品、緑黄色野菜を中心とした野菜類を多く摂取することを心がけ、同じ甘いものでもケーキやチョコレートなどよりも皮脂の酸化を防ぐビタミンCなどを含んだフルーツを食べるようにしましょう。

 

頭皮の皮脂の過剰分泌を防ぐにはストレスのない規則正しい生活を送り、健康でいることが一番良いです。

 

ストレスフルな生活を送ると皮脂分泌に拍車をかけ、フケ、臭い、薄毛、抜け毛を増大させます。

 

悪化する前に自分でできることから初めて症状の悪化を食い止めましょう。