MENU

発毛剤と育毛剤と養毛剤の違いとは?

この世には発毛剤と育毛剤、そして養毛剤と3タイプの商品が販売されていますが、それぞれどう違うのでしょうか?

 

これらは有効成分や作用機序によってそれぞれの名称がつけられているようです。

 

発毛剤

脱毛した毛穴から新しく髪を発毛させるために毛母細胞に作用し、新しい髪の毛の成長をサポートします。

 

育毛剤

産毛を含め今生えている髪の毛を太く、丈夫に育てる効果があります。

 

養毛剤

今ある髪の毛の脱毛を抑えて髪を健康に保つ働きを期待できます。

 

個人的な見解

P

ここからはあくまで私の個人的な見解になりますが

 

発毛剤⇒髪の毛がまるごと抜け落ちてしまう慢性休止期脱毛症の人

 

育毛剤⇒加齢やホルモンバランスの減少によりおこるびまん性脱毛症の人

 

養毛剤⇒猫っ毛や髪の毛が細くこれ以上ボリュームをダウンさせたくない人

 

が使用するとベストなのかなと思いました。

 

発毛剤は現段階ではミノキシジルが配合されているものが発売されていますが、個人的に副作用を伴うものに数千円のお金を支払いたくないと思い、ミノキシジル同等の育毛効果があるミツイシコンブが配合されたマイナチュレを使用しています。

 

慢性休止期脱毛症 マイナチュレ育毛体験記はこちら

 

今では育毛剤でも充分な効果があると確信し、継続して使い続けています。

 

猫っ毛の人は髪が柔らかく、ヘアスタイルも決まりにくいのでボリュームがあれば顔も小さく見えるのに…なんてことを一度は感じたことがあるかもしれませんね。

 

髪の毛が多い女優さんに憧れませんでしたか?私は憧れました 笑

 

今は髪の毛が薄いと実感している若い女性でも髪の毛のアンチエイジングとして育毛剤を使用されている方も多いようです。

 

特別高い育毛剤を使用する必要はないと思いますが、育毛シャンプーや頭皮環境によいものを使用すると数年後の髪の薄さは違うかもしれませんね。