MENU

生え際の薄毛の原因と改善策

生え際 薄毛

今薄毛に悩む女性は増えてきています。

 

「髪、薄くなったなあ・・・」と鏡を見て、自分の髪の量の変化にため息をついてしまったことのある女性も多いと思いますが、まず最初に髪の変化に気づくのは、やはり生え際の変化ではないでしょうか?

 

生え際がなんだか薄い、と感じたら育毛シャンプーや育毛剤を使ってケアし始める方も少なくはありません。

 

ですが顔周り、髪の生え際の毛はもともとその他の部分の毛髪に比べて量が少なく、食生活を改善したり育毛剤を使って育毛に励む女性も、生え際だけはなかなか効果が出ない、という方は結構いるものです。

 

ではなぜほかのところと同じようにケアしていても、生え際だけが思うように効果が出ないのでしょうか?

生え際は血管が少ない

生え際の薄毛改善が芳しくない理由は生え際はほかの所よりも血管が少ないことが原因です。

 

強く太い髪が育つには、血管に乗って必要な栄養素や酸素が運ばれ、十分に毛母細胞に届けられることが不可欠です。

 

髪の生え際の部分はもともと血管が少ないため、他のところに比べると圧倒的に血流が少なく、栄養素なども届きにくい事情があるために、どうしてもほかの部分の毛髪に比べて育ちにくいのです。

生え際の薄毛を改善するためには

では、血流が少ない分をカバーするにはどうしたらよいのかというと、適切な運動などをして全身の血流量を上げることのほかに、やはり育毛剤の力を借りるのが有効です。

 

育毛に気を遣う方は、食生活にも気を配っている方がほとんどだと思いますが、せっかく栄養をとってももともと血流の少ない生え際の毛には栄養が届きにくいものです。

 

しかし、育毛剤なら、他のところで消費されてしまった栄養をしっかり生え際の毛にも補給してくれるので、他のところと同じように強くて丈夫な毛が生えるのを助けてくれます。

 

育毛剤にはいろいろな種類がありますが、生え際が特に気になる方は、血行促進を強く促してくれる商品を選ぶと良いでしょう。

 

食事に気を遣うだけでなく、運動をして全身の血流をアップさせて、より育毛剤の効果が発揮されやすい体づくりに努めましょう。