MENU

女性ホルモンと薄毛にはどのような関係があるの?

女性の薄毛」と「女性ホルモン」には強い関係性があります。

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの二種類がありますが、主に髪に関係があるのがエストロゲンです。

 

エストロゲンの働き

エストロゲンは、髪を始め、肌など女性らしさをサポートするホルモンで、十分に分泌し、バランスが正常であることで髪の発毛、生育、血行促進に働きかけ健康な髪を維持します。

 

したがって、女性ホルモンのバランスが乱れると女性の薄毛に起因してしまうのです。

エストロゲンが減少しやすい時期

女性ホルモンは普段の生活ではバランスが保たれていますが、

出産した直後

閉経直前の更年期

辺りは特にホルモンバランスが崩れやすく、この時期に抜け毛が増える女性が多く見られます。

 

また女性ホルモンは30代から徐々に減少し始め、40代中盤になると20代の半分程度の量になります。

 

女性ホルモンの推移

画像出典:https://www.zakuroya.com

 

10代、20代は問題がなければ女性ホルモンが分泌されてハリやコシがある髪の毛が生える時期ですが、過度なストレスや食生活によってがかかるとホルモンバランスが崩れ、女性ホルモンの量が減少します。

その他エストロゲンが減少する原因

女性ホルモンは上記で上げた時期以外にも、過剰なダイエットやストレスでもこの様な女性ホルモンのバランスが乱れが起きるので十分注意が必要です。

エストロゲンが減少することで起きる変化

エストロゲンが減少すると、髪がうねり、髪質もパサパサ、次第に髪が細くコシがなくなります。

 

主に頭頂部や分け目の部分が薄くなり、頭皮が目立つようになります。

 

女性ホルモンのバランスが乱れることで起こる薄毛の主な症状にはびまん性脱毛症があります。

びまん性脱毛症とは?

びまん性脱毛症とは髪がぺたんとして全体的に髪が薄くなる脱毛症で、女性の薄毛のほとんどがこのびまん性脱毛症に当てはまります。

びまん性脱毛症の原因

びまん性脱毛症になってしまう原因は

女性ホルモンの減少

ストレス

偏った食生活

間違ったヘアケア

 

などが挙げられます。

 

自分の薄毛が気になる場合、何が原因か突き止めることが大切です。

 

まずは自分の生活を振り返りできるだけ規則正しい生活をする様に心がけましょう。

 

女性の薄毛は原因を知ることで改善しやすい脱毛症なので、できるだけ早めに病院へ行き、適切な改善することをお勧めします。

 

年齢だから…と諦める必要はありません。男性とは違い、女性の薄毛は治りやすい傾向があります。

 

何よりも早めのケアが大切なので、薄毛が気になり始めたら「まだ大丈夫」ではなく、その日から自分の薄毛の原因に適した育毛剤を使用しそれ以上薄毛が進行するのを止めてくださいね。