MENU

大豆イソフラボンの育毛効果とは

イソフラボンとはマメ科の植物に豊富に含まれている植物性ポリフェノールを指します。

 

植物性ポリフェノールの特徴は強い抗酸化作用で老化の原因である活性酸素を減らす働きがあります。

 

なので、イソフラボンは頭皮の老化を抑制する育毛効果が期待されています。

 

また大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンによく似た働きをすると言われています。

 

エストロゲンは思春期の女性に最も多く分泌され女性らしいスタイルや曲線を作る働きがありますが、10代後半をピークにして加齢とともに減少し、更年期になると一気に減って薄毛の原因にもなります。

 

その理由はイソフラボンは男性ホルモンを抑制する働きがあるからです。

 

女性ホルモンが減って男性ホルモンの分泌が増えると髪の発育を阻害するジヒドロテストステロン(DHT)が生成されてしまいます。

 

DHTは5α-還元酵素の作用により男性ホルモンのテストステロンから作られる物質で毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結びつきヘアサイクルの乱れを引き起こします。

 

更年期だけではなくストレスや妊娠後のホルモンバランスの乱れで抜け毛が増えるのもエストロゲンが一時的に減少したことが影響しています。

 

大豆イソフラボンの働きがあるとエストロゲンの減少によって起こる症状を予防することが出来ます。

 

また大豆イソフラボンとカプサイシンを同時摂取に摂取するとより育毛効果が高まります。

 

カプサイシンは唐辛子に含まれる辛味成分で頭皮を刺激しIGF-1と呼ばれるインスリン成長因子が増加します。

 

IGF-1は毛乳頭を活発にして毛母細胞の成長を促進する作用があり、カプサイシンがIGF-1を増加する為に必要なCGRPは大豆イソフラボンの働きで増やせます。