MENU

秋になると抜け毛が増えるのはなぜ?

P

秋になると抜け毛増え、通常1日100本の抜け毛が200本にもなるといった調査結果があります。

 

これは春の3倍~4倍の多さで、秋になって抜け毛の量の多さに驚く方も少なくありません。

 

ではなぜ秋になるとこのように抜け毛が増えるのでしょうか。

 

抜け毛が増える原因として

 

紫外線による影響

汗や皮脂による影響

エアコンによる乾燥

毛の生え変わり遺伝子の名残

 

などが例として挙げられます。

 

紫外線による影響

夏の強い紫外線を浴びると体内では活性酸素が増加します。この活性酸素は体の老化を進め、当然髪にも影響してきます。

 

紫外線によるダメージは直ぐに引き起こされるわけではなく、一定の潜伏期間があります。この潜伏期間を経て症状がではじめるのが秋なのです。

 

汗や皮脂による影響

夏にかいた汗が皮脂に吸収されると水分が蒸発してやがて皮脂に塩分が残ります。この塩分は固まりやすく、皮脂が硬くなります。

 

この硬くなった皮脂が毛穴につまると育毛が阻害され、髪が抜けやすくなります。

 

エアコンによる乾燥

夏のエアコンの冷風は頭皮の乾燥をまねき、本来備わっているバリア機能を低下させます。バリア機能が低下すると頭皮の厚さが薄くなり、うぶ毛のような弱い髪しか生えてこなくなります。

 

※頭皮は他の皮膚と比べて乾燥しがちで肌のバリア機能が低下しやすくふけやかゆみ、吹き出物などの頭皮トラブルを抱えやすいです

 

季節的要因

動物は夏毛から冬毛、冬毛から夏毛と季節に応じて毛の生え変わりがあり、人にもその名残があるという説があります。

 

どちらにせよ、季節の変わり目はヘアサイクルが乱れやすく、抜け毛が増えやすい傾向にあります。

 

 

秋の抜け毛対策

P

季節の変わり目が原因の抜け毛は自然な現象の一つなので、神経質になる必要はありません。

 

しかし、抜け毛増えて地肌が目立つとスタイリングも決まらず、美容を気にされる方には気になるものです。

 

これ以上薄毛が進行しないようにするために頭皮環境を整える食生活やヘアケアに気を配ってみるのもよいでしょう。

 

秋にオススメの食材が「秋刀魚」や「戻りガツオ」です。魚には良質なタンパク質に秋刀魚にはB2、戻りガツオにはB6が含まれています。

 

B2やB6には新陳代謝を促す働きがあり、肌にもいい効果が期待できます。

 

野菜では「きのこ」がオススメです。きのこにもタンパク質の代謝に欠かせないビタミンB群がバランスよく含まれています。

 

きのこはしめじやエリンギ、ぶなしめじなどたくさんの種類があり、いろいろな料理に使えるのでパスタや和食、洋食でも取り入れてみてもいいと思います。

 

秋の髪によいオススメレシピ

P
P
P
画像出典:https://kenko.cookpad.com/recipes/1163?utm_campaign=pc_related_recipe&utm_medium=referral&utm_source=cookpad.com

 

 

 

 

関連ページ

びまん性脱毛症とは?
女性の薄毛に多いびまん性脱毛症の症状、原因、対策について。
ヘアサイクル改善方法
薄毛、抜け毛に悩む方の場合、ヘアサイクルが乱れていることが原因として考えられます。まずは正しいヘアサイクルの改善方法を知りましょう。
つむじが薄い女性の原因と対策
つむじのあたりが薄いと悩む女性は多くいらっしゃいます。その原因と対処法を年齢別にご紹介しています。
女性でも薄毛は遺伝するの?
男性の薄毛は遺伝が有名ですが、女性の薄毛は遺伝するのでしょうか?調査しました。
生え際の後退
女性の生え際の後退の原因と対処法はこちら
後頭部が薄毛になる原因&対策
薄毛といっても後頭部の薄毛が気になる女性もいらっしゃいます。その原因と対策方法をご紹介しています。
脱毛症って?
脱毛症とはどんな症状を指すのでしょうか?
10代~20代の薄毛の原因
今、10代や20代の女性でも薄毛で悩む方は年々増加しています。その原因と対策はこちら
頭皮のフケ・痒みの原因
頭皮のフケや痒みの原因は?
女性と男性の薄毛の原因の違い
女性と男性の薄毛の原因は違う?それぞれ何が原因で薄毛になってしまうのでしょうか。
妊娠中の薄毛対策
妊娠中に薄毛が気になった時はどうすればよい?妊娠中の薄毛対策はこちら。
毛穴と髪のボリュームの関係
頭皮の毛穴の量は増やすことはできるのでしょうか?そしてボリュームを増やすためには毛穴から出る髪の毛の本数が鍵となります。
頭皮の毛穴の役割
頭皮の毛穴の役割は意外にもたくさんあった!?身としがちな毛穴の役割を確認してみましょう。