MENU

10代~20代で薄毛になる原因・対処法

P

女性の薄毛というと中高年の悩みといった印象がありますが、今は10代や20代の若い女性でも薄毛に悩む方が年々増加しています。

 

10代~20代で全体的に髪の毛が薄くなる症状を「若年性脱毛症」といい、ヘアサイクルが正常に機能せず薄毛になっていることがほとんどです。

 

若年性脱毛症の原因

過度なダイエット

ストレス

睡眠不足

喫煙

頻繁なカラーリングやパーマ

シャンプーのすすぎ不足

 

などが挙げられます。

 

過度なダイエット

P

若い女性の場合、もっと綺麗になりたい、モデルのように細くないたいといった願望から無理なダイエットに励む方も少なくありません。

 

特に1日1食といった偏った栄養がヘアサイクルを乱し、本来ならば抜けない時期に髪の毛が抜け落ち、頭皮全体が薄くなります。

 

髪の主成分はタンパク質で、当然栄養が毛根部分に行き渡らなければ髪の毛は成長することができません。

 

栄養を行き渡らせるためには偏った食生活ではなく、栄養バランスがとれた食事を心がけてください。

 

ストレス

P

仕事や人間関係、子育てなどのストレスは薄毛に拍車をかけます。

 

ストレスを抱えると自律神経のバランスが乱れ、血管が収縮し血液の流れが悪くなります。

 

さらにホルモンバランスも乱れ、頭皮や髪の毛に栄養が運ばれなくなります。

 

その結果、髪の毛がやせ細り抜け毛が増えてきます。

 

生きている以上ストレスを避けることはできまえせんが、ストレスを溜め込まない生活を心がけてみてください。

 

運動、自分の好きな時間をつくる、規則正しい睡眠は自律神経を正常にし、心と体のリズムを整えてくれます。

 

睡眠不足

P

人は眠っている間に成長ホルモンが起きている時間の何倍も分泌されます。このホルモンは細胞分裂を促進させて損傷を受けた細胞を再生してくれます。

 

しかし睡眠不足になるとこの成長ホルモンの分泌が減り、重要な筋肉組織の再生に優先的に使われていくため髪の成長にまで回ってこなくなります。

 

夜更かしは若い世代には多く日常化している方もいらっしゃいます。少なくとも1日6時間の睡眠はとるようにしましょう。

 

喫煙

P

タバコは「一酸化炭素」が毛細血管を収縮させて血流を悪くするため、頭皮への栄養と酸素が不足し抜け毛を引き起こすします。

 

現在は健康意識を持つ方が増え、以前と比較し喫煙をする方が減りました。

 

しかし、現在喫煙をしていて薄毛が気になるようであればタバコが育毛に与える影響はワースト1または2を争うほどの害となるので、薄毛を治したいのであれば禁煙することをおすすめします。

 

頻繁なカラーリングやパーマ

ヘアカラーは髪の毛だけではなく頭皮にもダメージを与えます。

 

頭皮を痛めることにより血行が悪くなり、頭皮が老化しやすくなります。

 

頭皮が老化すると今まで元気だった髪の毛に毛細血管からの栄養が行き渡らなくなり、ハリやコシがなくなって最終的に抜け毛につながります。

 

カラーやパーマは2ヶ月は間隔を空けるようにしましょう

 

またヘアカラーやパーマをした際は髪の毛のトリートメントの他にもしっかりと「頭皮ケア」を行うようにしましょう。

 

頭皮ケアができるシャンプーはノンシリコンシャンプーがオススメです。

 

シャンプーのすすぎ不足

シャンプーのすすぎ残しは頭皮への刺激となり、薄毛の原因になります。

 

髪の毛に逆らうようにシャワーをあて、手のひらにお湯を溜め、溜めすすぎをおこなうとすすぎ残しを防ぐことができます。

 

 

 

P

肌の曲がり角が28歳と言われていますが、実は頭皮の曲がり角も28歳からといわれています。

 

つまり、頭皮の老化を防ぐためにはこの年からケアをする必要があります。

 

早い方では薄毛になる前から将来に備えて「頭皮ケア」に着目し、対策をされています。

 

頭皮ケアは普段私たちがスキンケアで行っている方法と同じで、保湿、血行促進、新陳代謝の活性化、酸化を防ぐことが頭皮ケアを基本となります。

 

シャンプーをして終わりではなく、化粧水や乳液、美容液等を肌に染み込ませるように頭皮にも育毛剤を浸透させて早めの頭皮ケアをしてみてくださいね。

 

20代だから大丈夫、ではなく20代のうちになんとかしよう!と心がけげくださいね。

 

 

関連ページ

びまん性脱毛症とは?
女性の薄毛に多いびまん性脱毛症とは?びまん性脱毛症の症状、原因、対策について。またなりやすい女性はどんな人?まずは自分の薄毛のタイプを知りましょう。
頭皮を押すと痛みを感じる原因と対処法
頭皮を押すと痛みを感じる方は要注意。そのまま放置していると薄毛や抜け毛の原因にもなりかねません。頭皮を押して痛みを感じる場合の原因と対処法についてご紹介します。
ビワ葉エキスの育毛効果
ビワ葉エキスの育毛効果について。育毛剤に配合されることもあるビワ葉エキスにはどのような育毛効果があるでしょうか?
女性の薄毛の種類は6つ
女性の薄毛の種類は6つあります。自分はどのタイプの薄毛でしょうか?それぞれ薄毛の種類によって対策が異なってきます。
脱毛症って?
脱毛症とはどんな症状を指すのでしょうか?脱毛症かもしれない…と思った方は症状をチェックしてみてください。
加齢とともに白髪増える理由
加齢とともに白髪が増えてしまう理由とは?なぜ年をとると人は白髪が増えてきてしまうのでしょうか?その原因を探ってみました。
薄毛や抜け毛が症状として見られる病気
髪の毛や抜け毛が特徴の病気にはどんなものがあるでしょうか?実は抜け毛や薄毛は病気が原因の場合もあるので自分には当てはまらないかチェックが必要でうs。
抜け毛を減らす洗髪方法
抜け毛を減らす洗髪方法は?抜け毛が気になる時意識したいのが毎日の洗髪です。間違った方法で髪の毛を洗うと抜け毛がひどくなってしまいます。ここでは抜け毛が気になる時に意識したい髪の毛を洗い方についてご紹介します。
誰にでも起こりうる、頭皮環境が悪化する要因とは?
頭皮環境が悪化する原因にはどんなものがあるでしょうか?日頃生活していく中でどのようなものが頭皮に影響を与えているのか今一度確認し、自分の頭皮環境の改善に役立ててください。
頭皮が乾燥してしまう原因とは?
頭皮環境の悪化を引き起こし、将来的に薄毛や抜け毛の原因となりうる頭皮が乾燥する原因とは?原因をつきとめて、頭皮が乾燥しない方法を見つけましょう。
ヘアサイクル改善方法
薄毛、抜け毛に悩む方の場合、ヘアサイクルが乱れていることが原因として考えられます。まずは正しいヘアサイクルの改善方法を知りましょう。
つむじが薄い女性の原因と対策
つむじのあたりが薄いと悩む女性は多くいらっしゃいます。つむじが薄くなってしまう原因と対処法を年齢別にご紹介しています。
女性でも薄毛は遺伝するの?
男性の薄毛は遺伝が有名ですが、女性の薄毛は遺伝するのでしょうか?親が薄毛だから自分は薄毛?また自分は薄毛だから子供も薄毛になってしまう?と不安ですよね。女性の薄毛の遺伝に関して調査しました。
生え際の後退の原因と対策
多くはないですが、女性でも男性と同じように生え際が後退(薄毛)になっていくことがあります。ここでは女性の生え際が後退してしまう理由と、その対策についてご紹介します。
後頭部が薄毛になる原因&対策
薄毛といっても後頭部の薄毛が気になる女性もいらっしゃいます。後頭部が薄毛になってしまう原因と対策方法をご紹介しています。
頭皮のフケ・痒みの原因
頭皮のフケや痒みの原因は?仕事やプライベートにも影響をきたしてしまうフケ、痒みはなぜ出てくるのでしょうか?その原因と対処法いついてご紹介しています。
女性と男性の薄毛の原因の違い
女性と男性の薄毛の原因は違う?それぞれ何が原因で薄毛になってしまうのでしょうか。女性と男性がそれぞれ薄毛になってしまう原因はこちら。
妊娠中の薄毛対策
妊娠中に薄毛が気になった時はどうすればよい?妊娠中はホルモンバランスが崩れるため薄毛になってしまう妊婦さんもいます。妊娠中にできる薄毛対策についてご紹介します。
育毛シャンプーで髪の毛は生えてくる?
薄毛や抜け毛が気になる時、育毛シャンプーを使用すれば髪の毛は生えてくる?と考えるのはごく自然です。そこで育毛シャンプーには発毛効果があるのか調査しました。
湯シャンの効果とは?
芸能人の中でも取り入れられている湯シャンにはどんな効果が期待できるのでしょうか?薄毛や抜け毛にはどのように働きかけてくれるのか、湯シャンをするメリットについて調査しました。
同じ年で白髪の人とそうでない人の違い
同じ年齢で白髪多い人とそうでない人の違いはなんでしょうか?白髪ができる原因や増やす要因をつかみ、白髪が増えないようにする方法についてご紹介します。
毛穴と髪のボリュームの関係
頭皮の毛穴の量は増やすことはできるのでしょうか?そしてボリュームを増やすためには毛穴から出る髪の毛の本数が鍵となります。
頭皮の毛穴の役割
頭皮の毛穴の役割は意外にもたくさんあった!?身としがちな毛穴の役割を確認してみましょう。
秋に抜け毛が増えるのはなぜ?
秋になると抜け毛が増えると言われています。なぜ秋になると抜け毛が増えてしまうのでしょうか?その原因と事前に抜け毛を少なくする予防法をご紹介します。
頭皮や髪の毛の紫外線対策
頭皮や髪の毛の紫外線対策にはどんなことができるでしょうか?紫外線は頭皮環境を悪化させる大きな要因になっています。今日からできる紫外線対策をご紹介します。