MENU

ビオチンの育毛効果とは?

薄毛や脱毛に悩む方、生き生きとしたつやのある髪を望む方に注目されている成分が「ビオチン」です。

 

ビオチンはビタミンBの一種で、ビタミンB7、ビタミンHとも呼ばれアミノ酸の代謝コラーゲンの生成を助ける作用があります。

 

髪はタンパク質からできるアミノ酸でできています。

 

そのため、アミノ酸の代謝がきちんとなされることで髪の材料が十分に供給され、良い髪が生えてくることが期待できます。

 

また、コラーゲンが生成されることで、髪のつや感が出たり、髪が太くなる効果も期待できます。

 

さらに、ビオチンには皮膚の炎症を抑える効果もあるため、アトピー皮膚炎や肌の荒れにも効果が期待されています。

 

頭皮の炎症は薄毛や脱毛の原因になりますし、地肌の環境が整っていなければ、良い髪は生えてきません。

 

そのため、ビオチンの抗炎症作用により、良い髪が生えてくるための土台をつくることができます。

 

その他のビオチンの作用として、毛細血管を太くする効果もあります。つまり、頭皮の血行促進も期待できます。

 

血行が良くなることで、髪の成長に必要な栄養素が運ばれやすくなります。

 

なお、ビオチンの摂り過ぎを心配される方もいると思います。

 

しかし、ビオチンは水溶性ビタミンで体外に簡単に排出されやすい為、ビオチンの摂り過ぎで症状が出たり、病気になったりすることはないといわれています。

 

過剰摂取はNGですが、不必要な心配はいらないので安心してくださいね。