MENU

ノンアルコールの育毛剤

P

今販売されている育毛剤には少なからずアルコール成分が配合されているものがほとんどを占めます。

 

アルコールは血管拡張・促進、清涼感、防腐、抗菌、皮脂の除去といった育毛をサポートする働きをします。

 

男性用の育毛剤にはこのアルコール成分が多く、女性用育毛剤でも中には30%ほどのアルコール成分が含まれているものもあると言われています。

 

アルコールが入っていると何がダメ?

アルコールが多く含まれていると
①健康な髪の毛が育つための毛乳頭細胞が死滅する可能性がある
②白髪染めやパーマ液、ヘアカラーが落ちやすくなる
③肌が弱い人にとっては頭皮に刺激や痛みを感じる原因になる

 

といったデメリットがあります。

 

特に髪の毛が育つためには毛乳頭細胞が正常な働きをしていることが大切です。この毛乳頭細胞はデリケートで少しでも阻害される成分が含まれていると死滅してしまいます。

 

アルコールが入っていることで細胞の一部が破壊されることは実験により明らかになっており、たっぷりとアルコールが配合されている育毛剤はやはりこうした毛乳頭細胞に影響をきたしている可能性は否めません。

 

また白髪染めやヘアカラーをしたのに育毛剤を使って色落ちしてしまうのは非常に残念です。育毛剤は基本的に毎日使用するものなので、育毛剤のために白髪を染めることもできないというのは心苦しい点でもあります。

 

特に今パーマやヘアカラーをしている女性はノンアルコールの育毛剤を使用したほうがよいでしょう。

 

アルコールアレルギーの方はアルコールが多く含まれている物を使用すると頭皮が荒れてしまう可能性が非常に高いです。必ずアルコールフリーのものを使用するようにしましょう。

 

注意したほうがよいアルコールは?

・アルコール
・エタノール
・防腐剤
・成分安定剤
・香料
・酸化防止

 

などです。

 

アルコールが入っていない育毛剤

当サイトでノンアルコール育毛剤としておすすめしたいのがミューノアージュです。

 

ミューノアージュはノンアルコールの育毛剤で、HARG(ハーグ)療法を取り入れている皮膚科医のアドバイスのものと誕生した女性用育毛剤です。

 

当サイトではカイワレ大根実験をおこなっています。

 

カイワレ大根は防腐剤や化学成分が入っていると育つことはできません。そんな中、この実験において最も元気に育ってくれたのがミューノアージュでした。

 

実験概要はこちら

 

ミューノアージュ

P

5種類の育毛成分配合

毛母細胞を作り出すオクタペプチド-2配合

再生医療の発想で生まれた育毛治療を応用

1,980円のトライアルセットあり

 

ミューノアージュは「髪の元」がなければどんなによい育毛剤を使っても意味がないことに着目し、毛母細胞を増やすオクタペプチド-2が配合されています。

 

オクタペプチド-2は1つの毛穴から1本しか生えていない方に効果的です。

 

またカイワレ大根実験ではへたってしまうカイワレ大根が続出した中で唯一育毛剤の影響を受けずに元気に育ちました。それだけ安全な育毛剤であることが伺えます。

 

 

M-1育毛剤

P

飲んでも大丈夫なほど安全性が高い育毛剤

加水分解酵母エキスで発毛促進因子を生産。髪の元となる毛母細胞を増殖。

低分子成分が毛穴の奥まで浸透し直接作用

 

1本は高い値段がしますが、男女兼用と旦那さんと一緒に使いたいという方には向いている育毛剤です。

 

万が一目の中に貼ってしまっても痛みを感じないほど安全ない育毛剤です。

 

研究開発の末見出した独自成分を配合し、シンプルながら育毛効果があると認められている安全性が高いことが好評です。

 

地肌がベタつきやすく、皮脂がつまりやすい方にオススメです。