MENU

50代女性薄毛の原因とおすすめの女性用育毛剤

P

50代になると女性ホルモン(エストロゲンやプロゲステロン)の分泌量が急激に減少し、ホルモンバランスが乱れやすくなります。

 

このため更年期障害と呼ばれる精神的、身体的な不調が表れやすい時期になります。

 

女性の髪の毛の成長にはエストロゲンが深く関与し、髪の毛の成長を促し頭皮のコラーゲン量を増やす働きがあります。その他髪の毛のハリやコシをが保つ働きもあります。

 

髪の毛の美しさに大きく関わっているエストロゲンですが、このエストロゲンが減るとヘアサイクルの成長期が短くなり、休止期が長くなって髪の毛が生えない時期が自然に長くなります。

 

また50代になると毛母細胞自体が老化するので髪の毛も細くなってしまい、若々しさの象徴であるうぶ毛が減り額が出てきてしまう女性も多いです。

 

エストロゲンが減少すると、髪の毛が細くなり、1つの毛穴から生えてくれる本数も少なくなって髪の毛の密度が低くなり、髪の毛が全体的に薄くなります。

 

これを「女性型脱毛症」「びまん性脱毛症」といい全体的に髪の毛が薄くなっていくのが特徴です。

 

頭頂部の髪の毛が薄くなってしまった場合、女性ホルモンの減少によって相対的に男性ホルモンの量が増えてしまい、男性の薄毛(AGA)が起こっている状態です。

 

また、その他にも50代女性の薄毛の原因に病気も考えられます。50代になると、心臓の機能が低下したり、コレステロール値が高くなるので、血管が狭くなります。そうすると頭皮の血行が悪くなり抜け毛につながります。

 

女性の場合、極度なダイエットや鉄欠乏性貧血などの栄養障害も考えられます。

 

その他の原因としては、ストレス、冷え、首や肩のこり、睡眠不足、飲酒、たばこ、生活習慣の乱れが挙げられます。

 

外的要因として、合わないケミカルシャンプーや紫外線、白髪染め、同じ分け目、極度のヘアカラーやパーマなども50代女性の薄毛の原因です。

 

白髪染めはヘナと使うと髪の毛に優しく、傷みません。

 

50代女性にオススメの育毛剤

50代女性は女性ホルモンの減少が薄毛の原因となっているためこの女性ホルモンを補う育毛剤が効果的です。

 

女性ホルモンの減少に対応している有効成分はミノキシジルです。

 

ミノキシジツの効果・効能について

 

また毎日つかうものだからこそ、使いやすさも大切です。また50代女性の場合、頭皮の乾燥も進むため保湿効果が高く、毛母細胞を活性化させて血行促進を見込める育毛剤を使用するようにしましょう。

 

これらを踏まえて、50代女性にオススメできる女性用育毛剤を厳選しました。

 

50代女性に向いている育毛剤

マイナチュレ

P

北海道ミツイシコンブが直接毛包部分を活性化

お手頃価格で本格育毛ケア

無添加で頭皮にやさしい

実質3個分無料でお試し可能

 

ミツイシコンブが毛母細胞を活性を促し高い育毛効果が期待できます。

 

ミツイシコンブは保湿成分も高いため毛母細胞の活性化、保湿を同時に得ることができます。

 

どんな方でも使用しやすいボトルで毎日の生活の中に自然に溶け込む育毛剤です。50代女性に特に人気があるのがこのマイナチュレ育毛剤です。

 

 

P

P

 

デルメッドヘアエッセンス

P

女性ホルモンの減少によって低下しがちな髪の成長を促進

太く、しっかりとした髪に育毛

継続しやすい値段

 

デルメッドヘアエッセンスは特に40代~60代の女性に選ばれている女性育毛剤です。

 

独自配合されたCTPが発毛を促すBMPの産生を高め、髪を産み育てる「毛母細胞」を活性化させます。

 

 

これにより女性ホルモンが果たす機能を補い、髪の成長を助けます。

 

P

P

 

 

ミューノアージュ

P

5種類の育毛成分配合

毛母細胞を作り出すオクタペプチド-2配合

再生医療の発想で生まれた育毛治療を応用

1,980円のトライアルセットあり

 

ミューノアージュは「髪の元」がなければどんなによい育毛剤を使っても意味がないことに着目し、毛母細胞を増やすオクタペプチド-2が配合されています。

 

1つの毛穴から1本しか生えていない方はこの成分が効果的です。

 

P

P

 

 

エストロゲンを減少を防ぐ方法

50代になりエストロゲンの分泌量が減少し始めてきたら私生活の中でエストロゲンの減少を予防する方法も取り入れましょう。

 

エストロゲンを増やすことができれば更年期障害などの症状を緩和することもできます。

 

更年期の薄毛対策

 

ストレスをためない

女性はストレスの影響を大きく受けやすいです。過度のストレスを受けると自律神経のバランスが崩れ、これによって卵巣刺激ホルモンが減少します。

 

そうするとエストロゲンの分泌量が減少し、髪の毛のボリュームを維持しにくくなります。また過度なストレスは全身の血管を収縮させ頭皮の血行不良を引き起こします。

 

血行不良になると血管から髪が育つための十分な栄養がもらえず、ハリやコシが失われ髪の毛が細く、弱ってしまいます。

 

睡眠をしっかりととる

寝不足が続いたり夜更かしをすると視床下部の機能や自律神経が乱れ、エストロゲンの分泌量が減少してしまうことがあります。

 

ホルモンを正常に分泌されるには良質な睡眠をとることが大切です。

 

イソフラボンを摂取する

豆腐や味噌には女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンが含まれています。

 

大豆イソフラボンは体内に入ると女性ホルモンに変わって働いてくれます。

 

この大豆イソフラボンは更年期障害のほてりも緩和してくれるので髪だけではなく更年期障害の辛い症状も改善してくれます。